就職活動でのタブーは?

就職活動をするとき何からどうしたらいいのかと悩んでしまう人も多いかと思います。
学校での就職説明会などに参加すると、やらなければいけないことがたくさんあると実感するでしょう。
どれから始めたらいいのかわからず、あれもこれもと焦ってしまうかも知れません。

まず就職活動を始める際に、これだけはしてはいけないというタブーがあるということをしておきましょう。
タブーをしておこくことで、就職活動をするときの注意点が明確になり、下準備が必要だと感じることができます。
まず就職活動を始めるにあたって、誰でも真っ先に行わなければいけないことは、身だしなみを整えるということです。

採用の際、ほぼすべての会社で面接が行われます。
面接官は多いところでは、何百人という人と対面しなければいけません。
なので面接官にとって、最初の第一印象というのはとても大事になります。

最低限の身だしなみはもちろん、マナーや姿勢、声のトーン、礼儀など、面接が始まる前から採用試験が始まっています。
実際面接官に聞くと、第一印象で見極めるといった答えが、5割以上もあります。
やる気や会社への誠意は、自然と姿勢や、声、服装などのマナーに現れてきます。

就職活動にふさわしい身だしなみでなければいけません。
ドアノックの回数、お辞儀の仕方など間違ったことをしたらタブーです。
面接時間や企業への訪問な度のお礼など、最低限のマナーも怠ってはいけません。

これらは、社会人になるにあたって、常識的な範囲のことになります。
行って当然のことができないのであれば、大きな致命傷になってしまいます。
またそのほかに具体的なシーンでの、タブーについて考えたいと思います。

まず一番就職活動で、自分という人間を判断される重要な場面は、面接です。
面接でのタブーとしてあげられることが、いくつかあります。
それは、質問の内容です。

例えば、残業の有無、有給休暇は取れるのかどうか、離職率が高いのか低いのかという質問です。
これらの質問に共通して言えることは、仕事よりもプライベートを優先したいのか?ととらわれてしまいます。
会社としては、採用する限り会社の仕事に精進してもらいたいと思うのが当然です。

しかし、入社前から勤務時間について聞かれると、本当にやる気があるのかと思われても仕方ありません。
みずから自分の価値を下げてしまう結果になるので、タブーであるといわれています。
実際受ける側としては、気になる質問でもあるのも事実です。

しかし、それは今聞くことではありません。
内定後に採用担当者に質問するという形をとれば、選考はすでに終わっているので問題視されません。
質問内容も、選考中は今聞くべきことなのかそうではないのかをしっかり把握しておきましょう。