企業選択のポイント

就職活動が本格始動し始めるのは3月ぐらいからになります。
長ければおよそ一年という歳月をかけて就職活動が始まります。
とくに年々就職活動の時期が、早まっているといえます。

それは、就職に関して前向きな人ほど、行動力が一般の人に比べて早いということです。
特定の業種につきたいと思って、企業研究をしている人もいれば、どの業種がいいのかさまざまなジャンルの業種について調べる人もいます。
企業研究や業種研究に関しては、企業が募集を提示する前から行うことができます。

なので就職課活動のスタートは、いつ決まっているわけではありません。
だからこそ早い段階でいろんな業種を知っておくということが大事になります。
特定の業種を希望している人は、ますその業種について知ることから始めましょう。

ただしあまりに固執してしまうと、視野が狭くなってしまい、逆に路頭に迷ってしまうこともあります。
なので、近い業種や希望の職種に関係性のある業種についても調べてみましょう。
もしかしたら、意外に違う業種のほうが自分に合っているのかもともうこともありるかもしれません。

企業の選択のポイントとしては、まず自己分析をしないことには始まりません。
自分がどのような仕事に就きたいのか、夢や目標はあるのか、どのような評価を受けたいのかなどを考えてみましょう。
それがなかなか思い浮かばない人は、自分の性格などの自己分析から始めましょう。

自分はどんな人間か、どんなことが得意なのか、何をしている時の自分が好きかなど考えてみましょう。
するとしたいこと、自分を生かせる場所がなんとなく想像できます。
それが当てはまる業種を探していくといいでしょう。

就職をして一番聞く多くの悩みが、自分のイメージしていた仕事と入社後の仕事内容のギャップの差です。
もちろん社会人一年目にして、自分がやりたいことをまかしてくれるほど会社は甘くありません。
会社の風習や、雰囲気などが 自分と合わないと思うと、仕事もうまくいきません。

なるべくギャップが少ないと思える企業を見つけていくことが、企業の選択には大事なポイントといえます。