就活で押さえるべきポイント

企業の優秀な人材を得たいと思って募集をします。
就職に意識の高い人ほど早く行動を起こすため、企業も人材の確保のために早い段階で募集をかけるようになりました。
なので、企業が動き出したから就職活動を始めようと思うのでは遅い時代かもしれません。

まず就職活動をするにあたって押さえておかなければいけないことは、下準備の重要さです。
まず企業の募集が始まる前に、出来るだけ下準備をしておくと余裕を持って就職活動に取り組めます。
下準備とは、まず自己分析です。

将来自分はどのような仕事に就きたいのか、どのような環境で働きたいのかなど具体的に考えておきましょう。
またやりたい仕事がまだはっきりとわからない人は、長い目で見て人生設計でもかまいません。
単純にお金持ちになりたい、起業したいなどの漠然とした夢でもかまいません。

なんでも目標というものを持つことで、それに向かって何をしていけばいいのか、さかのぼって考えていくことができます。
そうすることで、今しなくてはいけないことが、次第に見えてきます。
それと自分自身を知るということです。

就職活動は、自分の売り込んで行く場だといえます。
短い時間の中で自分という人をわ理解してもらい、必要性や魅力的だと感じてもらわなければいけません。
そのためには、自分のことをしっかり知らなければ、人に伝えることができません。

まずは自分の長所や短所など簡単なことから、整理していきましょう。
そして今の自分を作り上げたきっかけになったことを具体的に上げていきましょう。
例えば、学生時代の部活動での経験、アルバイトで学んだ経験などがあります。

自分にとってこれが、大きなターニングポイントだったと感じることをまとめていきましょう。
もうひとつの自他準備として、企業・会社研究です。
相手をまずしっかり知らなければ、求めている人材がどんな人物像なのかがわかりません。

その人物像と今の自分を比較して足りないと感じる部分は、募集が始まるまでに出来るだけ補っておくことができます。
その二つができていれば、自分の自己アピールと企業が求めている人材の距離が近いほど内定に一歩近づくことができます。
いざ就職活動がa始まると、不安や焦りから自分を見失ってしまう人もいます。

そうならないためにも、下準備がとても大事です。
そのうえで、エントリーシートの書き方、面接の心得など段階を踏んで準備して行きましょう。
そうすれば、あれもこれもとまようことなく焦らず、就職活動に臨むことができます。