新卒採用とそれ以外の違い

春になると、毎年新卒採用の状況がニュースになります。
ここ数年不景気ということもあり新卒での採用が少なくなってきています。
新卒募集の時期に、採用の見送りなどを行う会社も増えています。

よく新卒が一つの就職の武器だといわれている時期もありました。
大学卒業までに就職で内定がもらえなかった人は、大学院に進学して新卒としてまた就職活動を行う人もいるほどでした。
新卒採用以外は、中途採用という形になります。

新卒採用と中途採用ではどのような違いがあるのでしょうか。
まず新卒採用の場合、四月の入社に合わせて企業は採用を始めます。
採用に関しても一年以上かけて行われます。

新入社員が入るということは、それだけ会社としても組織が大きくなり、若返ることにもなるので、活性化します。
また、社会人として一年目ということもあり、そのほかの会社を知っているわけではありません。
何の先入観もなく、会社の社風に沿って教育することができます。

今後の会社の成長に向けて期待できる人材の育成ができるということです。
デメリットとしては、コストが高いということです。
先行投資という形になるので、会社にそれだけの余裕と育成力がなければ新卒を受け入れることが難しいです。

また即戦力としての人材ではないので、長期にわたり育成をしていくことが必要になります。
新卒採用以外の採用というと中途採用です。
中途採用の場合、目的に応じて募集の要項が変わります。

即戦力を重視したキャリア採用、新卒に近くこれから育成が必要とされる若手・第二新卒採用があります。
そのほかには、補助的労働で期間などが限定されたスタッフ採用、パート・アルバイト・障害者採用・派遣の採用などがあります。
またこれらの分類は、正社員・契約社員・パート・アルバイトといった雇用形態に分けられます。

中途採用の場合、どのような雇用体系で、どのような人材を会社が望んでいるのかをしっかり把握する必要があります。
採用に関しては年中行っている会社もあれば、欠員が出た、増員したいなど会社の事情によって募集をかけるということになります。
採用に関する選考も、数週間という短い期間で行われます。

気になる会社があったら、すぐに募集要項に書かれた選考内容に対応しなくてはいけません。
募集開始から面接までの時間も短いので、短期間で準備しなくてはいけません。
メリットとしては、即戦力を採用することができ、自社にはないノウハウ・人脈を得ることができる場合があるということです。

社会人としての自覚やマナーがある程度身に付いているため、経営方針などにすぐに対応できる場合が多いです。
デメリットとしては、大量採用ではないということです。
また前職での経験や考え方が根強く残っていて、新たな環境に合わないといったことも考えられます。