自分の長所と短所を知ろう

就職活動の際に必ず聞かれることがあります。
それは、自分の長所と短所です。
なぜ企業は、相手の長所や短所を知りたいと思うのでしょうか。

それはいくつかの理由があります。
まず長所や短所はその人の性格を表します。
その性格によって行動が変わってくる場合が多いということです。

例えば、前向きな人ほどその気持ちが行動へと変わっていきます。
また短所も自分の欠点を伝えているようなものです。
しかし欠点をどうとらえているのか、どのようにプラスに変えているのか伝えることで短所も長所へと変えることもできます。

企業には必ず求めている人間像というものがあります。
その求められている人間像に近い人物なのかどうなのかを見極めるために、長所や短所は必要になってきます。
また自分長所や短所は、自分を売り込んでいく一つの手段です。

企業は自分のことを知ろうとしているわけですから、自分のことをしっかり説明できなくてはいけません。
そのためには、自分の長所と短所をしっかり知っておく必要があります。
そのためにはまず自分を見つめなおす必要があります。

自分の長所としてあげられることは何があるのか、そのことについてまず考えましょう。
そしてその長所が、どのようにして作り上げられたのか、またその長所がどう企業に生か巣ことができるのかにつなげていければ理想的です。
そこまでできなくても自分は、こういった人間何だということがアピールできれば十分です。

また短所においても、自分自身を知るためにとても大事なことです。
完璧な人間などはいないわけですから、必ず短所といえるところがあります。
しかし中には、自分は短所だと感じることでも、他の人から見たら短所までといわず、場合によっては長所だと感じることもあります。

とらえ方一つや、見方を変えるだけで、短所が長所に変わることもあるということです。
例えば、極端なことですが感情の起伏が激しいということが短所だとしたら、それだけ感情表現が豊かであるともいえます。
感情が起伏なことがいいこととは思えませんが、それをなるべく改善することで感情表現が豊かというプラスに変えれるということです。

そこまでできなくても、まずは自分の短所をしっかり理解しているということを企業に伝えられることが大事です。
自分の短所が言えるということは、自分の間違いをしっかり認められるということになります。
中にはプライドが強い人や維持になりやすい人は、自分の短所がわかっていても認められない人もいます。

それでは、会社という組織の中で、人間関係が気付きにくくなります。
このように自分の短所と長所を知るということは、難しいことですがとても大事なことだということが言えます。