自分が面接官なら・・・を考える

就職活動をする際に、いろんな情報が今は入手することができます。
受ける際にこうしておいたほうがいい、こんな人材が求められているなどが多くかかれています。
自分に足りないものは何なのか、どうしたらいいのかなど考えることが多くなります。

中には、いろんな情報に振り回されてしまい、何を信じたらいいのかわからなくなってしまう人もいます。
また自分に足りていないと感じることが多く、一気に自信をなくしてしまう人もいます。
そのような状態では、必ず態度や話し方、姿勢など様々な面で面接官に伝わってしまいます。

面接官は、会社に必要な人材を見つけ出すプロです。
なので多くの人を見てきて、合否をつけてきています。
そんな人に、自分をアピールしなくてはいけないのが面接です。

どうしても志望者目線で、いろんなことを考えがちにあってしまい、偏った考え方になってしまう場合があります。
そんな時には、もし自分が面接官の立場だったら・・と逆の目線で考えることが大事です。
もし自分が面腺つかんだったら、どんな人材がいいのか、第一印象でどんな人なら魅力的に感じるのかあげてみましょう。

すると自然と自分があるべき身だしなみが完成します。
そして、面接を受ける姿勢も見えてきます。
例えば、面接官の立場として、大きな声ではっきりと質問に答えた人と声も小さく何を言っているのかわからない人では、印象は正反対です。

どの人でも前者がいいと感じます。
そんなこと当たり前と思っていても、緊張したり自信がないと知らずうちに後者になってしまっている人もいます。
具体的な質問内容に対する、面接官の理想の返答までは想像するのが難しいかもしれません。

しかし、見た目や態度マナーといった基本的なことは自分が面接官ならと考えられます。
そのように目線を変えることで、どうしたらいいのか迷っていることでも、すんなりと明確な答えが出ることもあります。
もし何かの壁にぶつかったときに、自分が面接官だったらと想像してみてください。

するとこんな人なら会社に入社してほしいという、人物像が出来上がります。
その人物像と今の自分がどう違っているのか照らし合わせてみましょう。
もしできている部分があれば、継続して行うかより高いレベルを追求してみましょう。

できていない部分があれば、出来るようになるまでトレーニングをすることです。
自分のやるべきことが見えてくるので、迷った時にはお薦めです。