イメトレでシュミレーション

誰もが社会人になるときに、潜り抜けなければいけないのが就職活動です。
多くの人材の中から企業のもの人だという人を、見出さなければいけません。
志望者にとっても、就職した異業種や会社があり、仕事をしたいという意思があります。

しかし、心の中で強い意志があったとしても、それをしっかり表現できなければ相手には伝わりません。
しかも企業は多くの志望者と面談するわけですから、短時間で志望者の人間性を見極めなくてはいけません。
ゆっくり時間をかけて、相手のことを知ろうというわけではありません。

だからこそ、決められた時間の中で、自分という人間を理解してもらわなければいけません。
エントリーシートなどは、書いて提出するものなので、時間もかけることもできます。
なので誰かに相談したり、何度もやり直して一一番納得できるこれといったものを提出することができます。

しかし面接などは違います。
限られた時間で、いかに自分をアピールすることができるのかが大事になります。
また相手の質問対して、その意図を的確に判断して、自分の意見・主張・考え方を述べなくてはいけません。

面接官も多くの人を見てきているので、その場しのぎや思い付きで言っていることなどはすぐにわかります。
後でこう言っておけばよかった、こういう風に言ったらもっと印象が変わっていたかもなどと後悔しないためにもトレーニングは必要になります。
今では面接に対して、プロの指導を受けれる塾などもあるほど、就職活動にとても重要なことです。

なので日頃からのイメージトレーニングが必要になります。
例えば、よく質問されるであろう項目について、自分の意見がしっかり伝わるように前もって文章を考えておきます。
もしその答えに関して、一部分を指摘されてきかれたらどう答えるのかなどイメトレしておきましょう。

するといざ聞かれたときに、あわてずに臨機応変に対応することができます。
どんな質問に備えたらいいのかわからない場合は、過去の面接などをまず思い出しましょう。
うまく答えられなかった、もっとこう言えばよかったと思うことをまずしっかりと整理しましょう。

同じ失敗を繰り返していたら、前に進むことはできません。
もし希望している会社の過去の面接の内容や傾向がわかれば、それに近い質問内容に対応できるようにしておきましょう。
また普段から自分のことをしっかり知っているかということが大事です。

イメトレで、自分はどういう人間でいいところは何か、いくつか候補を挙げてストリーを立てて説明できるようにしておくといいでしょう。
イメトレして、いざという時に備えておけば、自分への自信や面接に対しても自信が持てるようになります。
時間があるときには常に、イメトレをする癖も付けておきましょう。