理解してる?社会の常識

就職活動をするにあたって、必要になってくるのが社会の常識です。
まだ学生ですが、社会人になる過程において身につけておくべき常識があります。
常識とは、人それぞれ価値観も違うので、難しいことだと思いがちです。

人によっては高いレベルを求めている人もいますし、最低限の常識があれば、入社後にまた学べばいいと考えている人もいます。
例えばホテルなどの業種は、常識レベルが高い人が求められます。
なぜならホテルは接客業の中でも、サービス業をして料金を得ているからです。

常識がない人では、失礼にあたることをしてしまいますし、お客様の求めているとこを瞬時気づくことが気づくことができません。
なので業種によっては求められる常識力が違ってきます。
ここでは最低限社会人としてどの企業でも身につけておくべき常識をあげていきたいと思います。

常識には、礼儀的なものと人間性のものに分かれます。
礼儀の場合は、マナーや服装、言葉遣いなどが挙げられます。
社会人としてふさわしい服装なのか、態度なのか、鏡を通して客観的に見直してみましょう。

スーツが汚れていないかシワなどがないか、ピアスは外す、香水をつけすぎない、口臭のチェックなどのマナーも大事です。
言葉使いは敬語で会話ができることが、絶対条件です。
会社のことは御社、僕ではなくわたくし、ドアのノックは3回、お辞儀と会釈の違い。

面接時のイスに座るタイミングなど行動や言葉遣いの常識は身につけておきましょう。
また面接やOB訪問など決められた時間にうかがわ泣けばいけな場合は、必ず時間に余裕を持ちましょう。
公共機関のトラブルや、自分自身に起きるかもしれないトラブルに対応できる、時間の余裕が必要です。

人間性の常識に関しては、以下のようなことが挙げられます。
とくに面接やグループディスカッションなどで、見極められている常識の部分になります。
自分のことばかり考えて行動や発言をしていいないかどうか、相手の話も聞き入れているかということです。

会社は組織の中で働く人がほとんどです。
なので人とどのような関わり方ができるのかということが、とても大事になります。
自分の考えを押し付けたり、周りの意見を理解しようとしない人は、会社でいい人間関係を築くことができません。

また新卒採用の場合は、将来会社を担って言ってほしい人材を探しています。
なので、リーダーシップがある人間が望ましいです。
リーダーシップでも、トップダウンではなく、信頼されてリーダーとして慕われる人のほうが求められています。

社会の常識でも最低限のマナーと人間性だけは、持ち合わせておかなければいけません。